住まいというのは、まずはあまり生活を圧迫しないようにすることが大事です。それが重要なのです。

住まい選びは慎重にしましょう
住まい選びは慎重にしましょう

住まいというのはまずは

生活をするために必要なことが三つあります。それが衣食住であるわけです。その一つが住居、つまりは、住まいです。その住居なのですが、生活を圧迫しないようにしたほうがよいです。つまりは、そうした住まいのほうが安心して住めるからです。具体的にいいますと収入を三割以下がベストであるとされています。こうした係数のことを住居係数というのですが、これは低ければ低いほど良いのですが、収入が低い人ほど高くなります。エンゲル係数のようなものですから、ある意味では仕方ないのですが、それでも抑えることを目標にしたほうがよいです。重要なのは、家賃やローンなのです。その後、環境なんかをよく検討すると良いです。人によって、ある程度、負担が重くなっても安全なところに住みたいと思う人もいます。それはよいのですが、あくまで無理をしないことです。

そもそも住まいといっても、賃貸もありますし、物件を購入することもあります。購入する場合は少しは無理をするのも仕方ないこともあります。しかし、それでもかなり大変ではありますが、自分のものにできるのですから、支払い続けルカ血はあります。少しでも良いところに住むために色々と苦心する必要があります。

関連リンク