快適な住まいにするためには、掃除をすることが必要です。必要のない持ち物は捨てるようにしましょう。

住まい選びは慎重にしましょう
住まい選びは慎重にしましょう

快適な住まいにするためには

快適な住まいにするためには掃除をすることが大切です。汚い所に住んでいると、気分も良くありませんし健康にも良くありません。ですから、掃除はかかさずにやったほうがいいです。掃除をするときは、まずいらないものを捨てます。いらないものを捨てられないと、どんどんゴミがたまっていくのです。部屋の至る所にいらないものがある人がいますが、いらないものがたくさんあると掃除機もかけられません。ですから、いるかいらないか微妙なものは捨てる方がいいのです。1年以上着ていない服があったら捨てることを考えましょう。着ないということは必要ないものだからです。

ただ捨てるのがもったいないときは売ればいいのです。例えば、本です。本は古本屋さんに売ることができます。売値が安いことは我慢しなければなりません。ゴミを捨てられた上に、お金までもらえると考えればいいのです。ゴミを捨てることができれば、あとは普通に掃除すればいいのです。快適な住まいというのは、お金がかかっている住まいということではありません。家賃の安いアパートの一室でも、きれいに整理されていれば快適なのです。持ち物は少ないほうがいいのです。少ない持ち物を大切にするようにすればいいのです。