住まいのインテリアについて、インテリアを構成する要素や一般的な建材などを交えながら説明いたします。

住まい選びは慎重にしましょう
住まい選びは慎重にしましょう

住まいのインテリアについて

住まいのインテリアについて、インテリアを構成する要素や一般的な建材などを交えながら説明いたします。住宅のインテリアとは内部空間の内装や家具を含めた部分であり、住宅のイメージを決定付ける大事な要素となっています。内装には床材や壁材、天井材、それらの取り合い部分である巾木や廻り縁などの部材も含まれます。一般的な住宅メーカーの床材は木質系フローリングを採用している会社が多く、フローリングにも多様な種類があり、複合フローリングや無垢フローリングなどがあります。その他には部屋の種類によって床材は使い分けられており、洗面所にはクッションフロアという化学製品が採用される事例が多いです。

壁材に関してはほとんどの住宅が壁紙というクロスと呼ばれる面材が安価で主流となっています。その他の仕様としては塗装という仕上げもありますが、施工が良くないとひび割れが発生しやすく美観上の問題になりやすいためクロスを採用しているメーカーがほとんどです。その他には内装用のタイルなども部分的に施工する場合もあり、デザインにこだわりを持った住宅に採用される傾向にあります。天井材については、壁紙のクロスをそのまま天井にも仕上げる仕様や、化粧石膏ボードという建材や、岩綿吸音板という建材などもよく利用されています。