自分にとっていい住まいとなるのは、生活していてストレスがないことです。快適に暮らせることかが重要です。

住まい選びは慎重にしましょう
住まい選びは慎重にしましょう

自分にとっていい住まいを探す

自分にとっていい住まいとは、ストレスなく生活できるスペースがあることです。最近はアパートなどで生活する人が多いですが、私はいずれは一軒家に住みたいと思っています。アパートでもいいところはたくさんあります。エアコンなどの設備などが整っていることが多いのでその点は生活するうえではできないことはありません。しかし、どうしても窮屈に感じたり、ストレスがたまることがあります。自分の家ではないことも原因の一つかもしれませんが、それ以上にスペースが狭いことが要因です。理想としては、リビングがありそこでゆったりとソファーに座ってテレビを見たりできるスペースがほしいです。そして、収納も多くできるスペースがありながらも効率よく出し入れができるかゆいところに手が届くような収納スペースがあるといいなと思います。

隠れ収納というようですが、余計なものが目に入らず広々とした空間に見えます。そのため、気持ちの面で開放的にストレスなく生活ができます。そして、趣味を楽しめる部屋があるといいと思います。私の場合は、車が好きなのでガレージとつながっていたりして、すぐに行けるようになっているといいなと思います。そして、やはり寝室はこだわって、余計な音がしないような防音設備があると快適に過ごせると思います。